かけっこの練習時間を通して走る楽しさを伝えてほしい

練習しても、もしかしたらすぐには効果が出ないかもしれません。

なぜなら速く走るコツをまずはあなたが理解し、そしてそれをお子さんに教え、実践して体で覚えなければ、安定して速く走ることは難しいからです。

ですが、ぜひあなたが率先して“走る楽しさ”は伝えてほしいと思います。

“かけっこの練習”という時間を共有することで、健康で走れるということ、そして応援してくれる人がそこにいるということ、それがどんなに幸せなことかを教えてあげてください。

そういう意思の疎通があれば、明るい家庭になって、ニュースで流れるような悲しい事件は減るはずです。

やる前から諦めて、将来『子供の頃、運動会はいつもビリだったよ・・・。』という具合に、
楽しいはずの運動会が悲しい思い出にならないように、協力してあげてくださいね。

そして運動会のゴールテープを切ったなら、たとえそれが1等賞でなかったとしても、頑張ったお子さんを思いっきり褒めてあげてください!

もっと速く走りたい!
もっと軽々と走りたい!
もっとカッコよく走りたい!
そんな気持ちを受け止めて一緒に走り出すことができたら、それは大切な思い出になるでしょう。
輝く“宝物”になるはずです。

まずは最初の一歩を踏み出してください。
昨日より少しでも速くなるために、明日はもっと速くなるために!

お子様のすこやかな成長を心よりお祈り申し上げます。

このページの先頭へ