あなたは前半型、後半型?最後まで力を出しきって走れば勝てる

100m走の選手のゴールの形相はすごいですよね。

すごい勢いで突っ込んでくるので、ゴール直前がトップスピードかと思いがちですが、じつは 40~50mくらいでトップスピードになるのです。
また、あんなに短い間なのにスタートで飛び出した選手が絶対有利というわけでもなさそうですよね。
後半からぐぐーっと一気に追い上げてくる選手に抜かれちゃうことだってありますよね。

じつは追い上げているというより、周りの選手がスピードを落としているのです。
つまり、スタートダッシュで逃げ切るタイプが前半型。
後半型はトップスピードが落ちにくい選手のことを言います。


ただし、例外はあります。

カール・ルイス選手を覚えているでしょうか?

彼が 100mの世界記録 9 秒 86 を出したとき、後半にスピードが上がっているのです。
カール・ルイスは、スタートが苦手だったというのは有名な話ですが、そのために後半に体力を温存し、周囲の選手がトップスピードを維持できなくなったところで、最後の 30mで最高速を出せる力を残すという作戦に出たのです。

どうしてもスタートが苦手な人は、後半のスピードが落ちないよう、体力を付けるということで挽回できるということもあり得るわけです。
もちろん、カール・ルイス並みの爆発的な走りができれば最高です(笑)

少なくともレースの後半は誰だって苦しいのです。
最後まで力を出し切って走り抜ければ勝機が見つかるでしょう。

このページの先頭へ