速く走るための足の振り方と地面の蹴り方

腕振りの次は足を見てみましょう。

走る推進力は、なんといっても脚の蹴りなのですから、この力を逃がさず、効率よく前に進む力に変えなくてはいけません。

さて、膝を曲げた状態で蹴るのと、膝を伸ばした状態で蹴るのではどちらがより大きい力を得られるでしょう?
曲げている方が膝のクッションを使えるので、大きな力を得られそうな気がしますか? しかし実際は違うんです。

高いところから固い物を落とした時と、柔らかい物を落とした時では、跳ね返る高さが違いますよね。固い物はより高く跳ね返ります。

この反発力を前に進む力に変えられると速く走れるのです。
「いやいや、バネの方がもっと高く跳ねるだろう」と思うかもしれませんが、バネは一度縮んで、それから伸び始めます。

その伸び縮みの時間は走るときにはロスになってしまいます。
膝のクッションは着地の衝撃を和らげるためには有効ですが、蹴るときには、その力を吸収してしまう方向に働きます。

ですから蹴る瞬間は膝が曲がっているより、伸びている方が大きな力が得られるというわけです。
走っている時の蹴りというと、後ろへ蹴り上げることをイメージしがちですが、しっかり地面をとらえるためには真下へ蹴るつもりでいいのです。
蹴った瞬間に膝が伸びている状態になるよう、最初はちょっと大げさに蹴ってみましょう。足の裏がパン!と押し返されるような、感覚があると思います。

このまま体の軸が前傾になれば、前に向かってポーンと飛び出していく力になるのです。

この力に負けない筋肉をつければ、どんどんスピードが出てきます。
この反発力を生かすには、体を大きく使うことを覚えましょう。

走るのが速い子は走り方が大きく見えますよね。
それは脚を付け根から動かして、力強く蹴っているからです。

腿が上がっていないと、フォーム全体が小さくなり、なんだかチョコマカ走っている印象になってしまいます。

もしそんな走り方になっていたら筋肉が足りない、または股関節をちゃんと使っていないのです。

そういうときは少し腿上げの練習を取り入れてあげましょう。
腿を上げるということも、日常生活ではあまりない運動ですから、意識して練習しないと身につきません。



腿上げの練習方法

1、背筋をまっすぐにして立ちます。
2、片足の腿をゆっくりと腰のラインまで引き上げます。
3、立っている軸足はまっすぐ伸ばしたままです。
4、これを交互に行います。
こうして腿が高く上がる感覚を覚えます。
まだ腿の筋肉がよく発達していない子供のうちは、ゆっくり行ってください。

次の日に腿が痛くて上がらない…というようではやりすぎです。
筋肉がついてきてから、だんだんスピードや回数を上げていって下さい。

この練習は筋肉を鍛えることや、股関節を大きく使うことが目的です。
実際に走るときに腿が上がりすぎてはタイムロスになります。

“高く”を意識しすぎないように、むしろ“速く”できるようになることを目指しましょう。

こういった練習はちょっと退屈かもしれませんが、とても大事なことです。
走り方に個性があるのは当たり前ですが、変なクセがついたままではかけっこは速くなりません。

小学生のパワーには限度があるのですから、そのパワーを効率よく走る力に伝えるために、正しいフォームが必要なのです。

「カッコよく走る!」を合い言葉に、地味な練習もコツコツやっていきましょう!

このページの先頭へ