スタンディングスタートとクラウチングスタートの違いは?小学生ならどっちのフォームがお勧め?

スタンディングスタートとは、立ったままの姿勢から走り出すことで、クラウチングスタートは地面に手と膝をついて、かがんだ姿勢からスタートする方法になります。

短距離走ではクラウチングスタートがほとんどで、理屈ではクラウチングスタートの方が速いと言われています。

しかしクラウチングスタートは、腕に体重をかけて、合図を待たなくてはいけませんから、上半身で体重を支える力が必要になります。

小学生の腕の力ではかえって負担になることが多いようです。
それに普段とったことのない姿勢から、足を大きく振り上げて走り出すのは、練習が必要になります。

緊張感を煽る結果にもなりかねません。

腕の力に自信があるのなら、トライしてもいいかもしれませんが慣れているスタンディングスタートの方がスムースにスピードに乗れるので、小学生のうちは無理にクラウチングスタートをする必要はないでしょう。

ただしこれは各学校のルールによって、決められている場合があります。
※スタンディングスタートの変形に片手だけつくスタートがあります。上半身への負担は少なくして、低い姿勢から飛び出せる形です。クラウチングスタートへ移るときの練習にも利用できます。

上半身をかがめて、後ろ足と同じ方の手をつきます。スタートする時は、前足側の手を大きく振ってダッシュします。

このページの先頭へ