リレーでのコーナーの走り方とそのコツ

リレーではコーナーを回ることがあります。
リレーでなくても、校庭が狭くて直線コースが取れないところもあります。

コーナーを回る羽目になっても困らないように、コーナーの回り方を頭に入れておきましょう。

コーナーの走り方は、直線とは少し違います。
遠心力で外へ逃げようとする力が働きますから、引っ張られる感じがするはずです。

まっすぐ走るより難しく感じるでしょうけれど、小学生ではあまり得意な人はいないと思います。
逆に言えば、コーナーを上手く回ることができれば先手を取れるということです。


コーナーを走るコツ

遠心力を抑えるために、体を少し内側に傾けます。
外側の肩を少し前に出す感じで、外側の腕をより大きく振って下さい。

もちろん、一番内側を走るのが最短距離なわけですが、コーナーは人とぶつかりやすい場所でもあります。
ぶつかって転んでしまっては大きなタイムロスですから、無理に内側に入ろうとするのはやめましょう。
コーナーでは相手の後ろに付き、直線で勝負した方が安全です。

このページの先頭へ